殺人罪適用し起訴 浦安学生引きずり死 千葉地検

 浦安市富岡の国道357号で1月、男子大学生が軽ワゴン車に引きずられて死亡した事件で、千葉地検は13日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕、送検され、処分保留で釈放された東京都江戸川区の無職の男(50)を殺人などの罪で起訴した。

 起訴されたのは、軽ワゴン車を運転していた内藤健一被告。地検は殺人罪の適用を念頭に入れて捜査を進め、「立証するに足りる証拠がそろった」として裁判員裁判対象となる罪での起訴に踏み切った。

 起訴状などによると、1月2日午後11時50分ごろ、浦安市富岡の国道357号で、飲酒の影響で正常な運転に支障が出る恐れがある状態で車を運転。さいたま市緑区の大学1年、梓隼輔さん=当時(18)=のオートバイに追突し、けがを負わせたまま救護せず、殺意を持って約1・4キロにわたり引きずって死亡させたとされる。


  • LINEで送る