市原、竜巻で89戸破壊 被災地再び悪夢 【台風19号】

被災した住宅では、住民らが後片付けに追われた=13日午前10時55分ごろ、市原市永吉
被災した住宅では、住民らが後片付けに追われた=13日午前10時55分ごろ、市原市永吉

 竜巻で住宅89戸が損壊し9人が死傷した市原市の現場では13日朝から、被災した住民が後片付けに追われた。「年内に終わるかどうか」「中には住めない」。今後の生活再建への不安を訴えた。

 竜巻発生から一夜明けた被災地では、足の踏み場がないほどに壊れた民家や、横倒しの建設機械がその威力を物語る。住民らは、朝から壊れた家から家財道具などを屋外に運び出した。

 同市下野の男性(82)宅では、平屋と2階建ての住宅2戸などが壊れ、家族や友人らが午前8時ごろから作業を続けた。男性は「今年中に終わるかどうか」と肩を落とす。平屋は壊れた瓦を取り除き屋根にブルーシートを張り応急の雨対策をしたが、2階建ては屋根がなくなっているため対策ができないという。

 竜巻の当時、屋内にいてガラスのようなものが左腕に刺さり15針を縫うけがを負った会社員男性(38)は、痛々しい包帯姿で作業。「中は住めない状態」と話し、片付けを続けた。

 同市永吉のパート女性(42)も家族らと片付け。手伝いに来ていた親類女性(52)は「生活再建が心配」と心配そうに話す。被災現場を視察した森田健作知事について「パフォーマンスとしか思えない」と厳しく指摘した。

 同市潤井戸の市消防局市津消防署も窓ガラス50枚以上が割れ、車両3台が損傷。同署では、同日だけでブルーシート約250枚を住民らに配布した。

 市消防局によると竜巻により、同市永吉から潤井戸方向に約500メートルの間で被害が確認された。住宅被害は全壊12戸、半壊23戸、一部損壊54戸の合計89戸に達した。被害は下野地区が多いという。横転した軽乗用車の男性1人が死亡したほか8人が負傷した。

◆現地調査で推定

 銚子地方気象台は同日、気象庁機動調査班を現場に派遣。調査班の職員4人が潤井戸、下野、永吉の被害現場を訪れ、建築物の倒れ方や被害範囲を確認して突風について調べた。

 調査班は、突風で庁舎や消防車の窓ガラスが割れた市津消防署で当時の状況を聴き取った後、周辺の被災現場を調査。突風は北西方向に移動したとみられており、住民に風の方向や雷の有無、飛来物の種類などを尋ねて回った。


  • LINEで送る