ウルフ選手ら自衛隊で訓練 柔道男子、異例の体験 習志野駐屯地

陸上自衛隊空挺教育隊の体験入隊で、ほふく前進をする柔道男子のウルフ・アロン選手=15日、陸自習志野駐屯地(共同)
陸上自衛隊空挺教育隊の体験入隊で、ほふく前進をする柔道男子のウルフ・アロン選手=15日、陸自習志野駐屯地(共同)

 柔道の世界選手権(8月25日~9月1日・日本武道館)男子日本代表が、船橋市の陸上自衛隊習志野駐屯地で陸自空挺(くうてい)教育隊に体験入隊し、東海大浦安高校出身のウルフ・アロン選手(了徳寺大職)や2016年リオデジャネイロ五輪73キロ級覇者の大野将平選手(旭化成)らが激しい風雨の中を挑戦した。

 井上康生監督の発案で異例の体験が実現。世界選手権と来年の東京五輪に向け、実戦での不測の事態への対応力を磨くことが目的だという。

 体験入隊は15日に行われ、高さ11メートルからワイヤを着けて降下するパラシュート部隊の訓練からスタート。現役時代も体験した井上監督は高所恐怖症ながら必死の形相で飛び降りた。リオ五輪100キロ超級2位の原沢久喜選手(百五銀行)、100キロ級で全日本王者のウルフ選手らは1周約300メートルの障害走でほふく前進。ウルフ選手は顔を泥まみれにして取り組んでいた。


  • LINEで送る