鴨川の海岸でサーファーの男性重体

  • LINEで送る

 4日午前10時10分ごろ、鴨川市東町付近の東条海岸の波打ち際で、50代ぐらいの男性がサーフボードと共に浮いているのを近くのサーファーが見つけ、救助した。男性は病院に運ばれたが、意識不明の重体。鴨川署はサーフィン中の水難事故とみて身元や事故原因を調べている。

 同署によると、男性は1人でサーフィンをしていたとみられる。同海岸は人気のサーフスポットで、発見当時は100人以上がサーフィンをしており、波は穏やかだったという。