小学校教諭が暴行容疑 男子高生の口に指入れる 千葉市

  • LINEで送る

 千葉北署は13日、県内の高校2年の男子生徒(17)の口の中に指を入れて喉仏を押すなどしたとして、暴行の疑いで千葉市立小学校教諭、中村将容疑者(29)=同市稲毛区轟町=を逮捕した。

 逮捕容疑は、8月11日午後5時10~20分ごろ、同区弥生町の千葉大学近くを歩いていた男子生徒に道を尋ねるふりをして、「君の歯並び良いね。鏡で見た方がいいよ」などと同大工学部施設1階の男子トイレに連れ込み、「ここを押すとゲップが出る」などと言いながら男子生徒の口内に右手の指2本を突っ込み喉仏を押すなど暴行した疑い。

 同署によると、男子生徒は近くの交番に逃げ込んだ。同大学内や周辺の防犯カメラ映像などから中村容疑者が浮上。「性欲を満たしたかった」と容疑を認めている。同署は、同様の被害が本年2件届けられていることや、「数年で数十件やった」と供述していることから関連を調べている。

 同市教育委員会の磯野和美教育長は「学校教育の信用を失うような事態を招いたことについて、おわび申し上げます」とコメントした。