元交際相手からストーカー被害 浦安女性殺人未遂

  • LINEで送る

 浦安市内で女性(23)が首を絞められた殺人未遂事件で、女性が元交際相手の男(47)=同市=からストーカー被害を受けていたことが4日、浦安署への取材で分かった。男は女性宅の浴室で首から血を流して倒れている状態で見つかり、意識不明の重体という。

 同署によると、7月、女性から同署に「元交際相手から付きまとわれている」と相談があった。同署はストーカー規制法に基づき男に警告をするとともに、女性に不安な時はすぐに110番通報し知人宅に避難するように助言した。

 同署は「女性らへの対応に問題はなかった」としている。

 同事件は3日午後5時40分ごろ、女性が自宅前で男に首を絞められるなどした。女性は軽傷で命に別条はない。男が倒れていた浴室では果物ナイフが見つかったという。