元交際相手の男逮捕 女性襲い殺人未遂容疑 浦安署

  • LINEで送る

 浦安市の派遣社員の女性(23)が元交際相手の男からストーカー被害に遭い、首を絞められるなどされた事件で、浦安署は6日、殺人未遂の疑いで同市高洲2、無職、外記裕介容疑者(47)を逮捕した。

 逮捕容疑は3日午後5時40分ごろ、女性が住むマンションの廊下で、女性の首を絞め壁に押しつけた後、その場に押し倒し、持っていた刃物のようなもので女性の右腰付近を1回突き刺して殺害しようとした疑い。女性の傷は浅く、命に別条はなかった。

 同署によると、外記容疑者は「間違いありません」と容疑を認めており、動機を調べる。女性がマンションの部屋を出た直後に襲ったとみられる。

 駅や部屋の前で待ち伏せるなど女性に付きまとい行為をしており、同署が7月28日、ストーカー規制法に基づき警告していた。

 3日の犯行後、果物ナイフで自分の首を複数回刺して自殺を図ったとみられ、女性宅の浴室で首から血を流し倒れているのを同署員が見つけ病院に救急搬送されたが、6日に退院した。