<松戸女児殺害>元保護者会長に無期懲役 千葉地裁判決

  • LINEで送る

亡くなったリンさんの写真を大事そうに抱え、判決公判が開かれる千葉地方裁判所に入るリンさんの父、ハオさん(右)=6日午後
亡くなったリンさんの写真を大事そうに抱え、判決公判が開かれる千葉地方裁判所に入るリンさんの父、ハオさん(右)=6日午後

 松戸市立六実第二小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が昨年3月に殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた同小の元保護者会会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の判決公判が6日、千葉地裁で開かれ、野原俊郎裁判長は無期懲役判決を言い渡した。公判で検察側が死刑を求刑し、弁護側は無罪を主張。被告を犯人とするDNA型鑑定の信用性などが争点となり、被害者1人の事件で死刑を適用するかが注目されていた。

 検察側は、渋谷被告の軽乗用車内にリンさんの血痕が付着していたことや、遺体にリンさんと被告の混合DNA型が検出されたこと、遺体遺棄現場周辺を被告の車が走行していたことなど状況証拠を積み上げた。捜査員らを証人尋問し、被告を犯人とするDNA型鑑定の適正さを主張した。

 論告で、犯行は車内で行われたとし「陵辱の限りを尽くした。身勝手の極み。更生の可能性はなく、被害者が1人でも死刑を回避すべき事情はない」とした。

 渋谷被告は「全て架空で、捏造(ねつぞう)されたもの。一切関与していない」と一貫して無罪を主張。弁護側も「犯人に仕立て上げるため、捜査機関が意図的に被告のDNAを混入させた。DNA型鑑定以外の証拠がなく、検察側は十分に立証できていない」と訴えていた。

 リンさんは昨年3月24日朝、修了式のため登校中に行方不明になり、2日後に我孫子市の排水路の橋の下で遺体が見つかった。起訴状などによると、渋谷被告が顔見知りだったリンさんを軽乗用車に乗せて連れ去り、わいせつな行為をし首を圧迫して窒息死させ、遺棄したとしている。

 渋谷被告は殺人と強制わいせつ致死、わいせつ目的略取・誘拐、死体遺棄の罪に問われた。