「自分が犯人ではない」 松戸女児殺害公判で渋谷被告 改めて否定

  • 0
  • LINEで送る

 松戸市立六実第二小3年だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が昨年3月に殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた同小の元保護者会長、渋谷恭正被告(47)=同市六実4=の裁判員裁判は14日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれた第8回公判で被告人質問が初めて行われ、渋谷被告は「自分が犯人ではない」と改めて事件への関与を否定した。

 リンさんが行方不明になった昨年3月24日の行動を渋谷被告は、自身の子ども2人を軽乗用車で小学校に送り、車内で休憩してから午前中は自宅近くに止めたキャンピングカー内で釣りの準備をした。長男と春休みに釣りに行く約束をしていたためで、午後1時ごろになって軽乗用車で釣りの下見に1人で出掛け、午後10時ごろコンビニに寄ってから帰宅したと説明した。

 これまでの審理で検察側は、リンさんが行方不明になった当日午後、渋谷被告の軽乗用車がリンさんの所持品や遺体が見つかった現場方面を走行していたと指摘している。

 渋谷被告は通学路の見守り活動をしていたが、当日朝は姿を見せなかった。当時の同小校長は、渋谷被告から「母親の介護のためだった」と電話で説明されたと証言していたが、渋谷被告は「介護の話をしたことは一切ありません」と否定。当日見守りをしなかった理由は、車で子どもを小学校に送ったためだと説明した。