電車の窓から転落 勝浦の漁師が重傷 JR外房線

  • LINEで送る

 30日午前8時45分ごろ、勝浦市浜行川のJR外房線行川アイランド-上総興津駅間の浜行川トンネルで、走行中の安房鴨川発千葉行き上り電車(6両編成)の窓から男性漁師(19)=勝浦市=が誤って車外へ転落した。男性は頭を打ち、右太もも骨折の疑いがある重傷を負った。

 勝浦署によると、男性は行川アイランド駅から乗車し、車内が暑かったため窓を開け、上半身を車外に出した状態で窓枠に腰掛けていた。男性の転落に気付かずに電車は走行し、知人男性(18)が上総興津駅で下車し110番通報した。

 JR千葉支社によると、同線上下合わせて2本が運休、特急2本を含む6本が最大で約1時間40分遅れ、乗客約500人に影響した。