大型ダンプと衝突、バイク女性が死亡 四街道

  • LINEで送る

 27日午後5時35分ごろ、四街道市鹿放ケ丘の市道で、80代ぐらいの女性が運転するミニバイクと大型ダンプが衝突。女性は全身を強く打って間もなく死亡が確認された。

 四街道署は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いでダンプを運転していた茨城県坂東市岩井、自称会社員、鈴木大司容疑者(57)を現行犯逮捕。女性の身元確認を急ぐとともに詳しい事故原因を調べている。

 同署によると、現場は片側1車線の直線道路。女性はダンプに追突され、下敷きになったとみられる。