元非常勤職員が税金着服 徴収時、市・県民税200万円 浦安市

  • LINEで送る

元非常勤職員による公金着服の発覚を受け記者会見で謝罪する内田市長(中央)=17日、浦安市役所
元非常勤職員による公金着服の発覚を受け記者会見で謝罪する内田市長(中央)=17日、浦安市役所

 浦安市は17日、市税収納員を務めていた元非常勤職員の男性(65)が、徴収した税金約200万円を着服していたと発表した。生活費に充てたとみられる。今後、市は返還を求めるほか、刑事告訴の準備を進めている。

 市の聴取に元職員は2015~16年度の2年間、1世帯から複数回にわたり徴収した市・県民税の一部計約200万円の着服を認めた。生活費に充てたとみられるという。

 市によると、元職員は05年7月に非常勤の市税収納員として採用。滞納者宅を訪問し納税を促したり、直接税金を徴収する業務にあたっていた。今年3月で規定の年齢に達したため退職している。

 今月6日、市収税課の職員が滞納整理業務を行った際、元職員が担当していた納税者の納付額と収納額に相違があり発覚した。

 市は浦安署に相談し、刑事告訴の準備を進めている。市の公金管理体制も不十分だったとして、再発防止に取り組む。被害金については、法令に基づき返還を求める方針。

 17日の臨時記者会見で内田悦嗣市長は「あってはならない重大な問題。組織としての管理体制が不十分だった。公金管理体制を強化し、市民の信頼回復に努める」と述べた。