救急搬送中に衝突 軽乗用車の女性軽傷 安房郡市消防本部

  • LINEで送る

 安房郡市消防本部は23日、患者を転院搬送中の同本部の救急車が鴨川市内で軽乗用車と衝突する事故があったと発表した。軽乗用車の1人が軽傷。鴨川署が事故原因を調べている。同本部は「あってはならないこと」と陳謝した。

 同本部によると、鴨川市横渚の国道128号で22日午前7時半ごろ、胆管炎の男性(67)を館山市の安房地域医療センターから鴨川市の亀田総合病院へ搬送中の救急車が軽乗用車と衝突。軽乗用車の会社員女性(55)=同市=が胸や首に軽傷。男性にけがはなく、別の救急車で搬送した。病院到着が約30分遅れたが影響はなかったという。

 現場はセンターラインのある片側1車線の直線道路。救急車は救急出動中でサイレンを鳴らして信号待ちの車両横の反対車線を徐行していて、右折の軽乗用車と衝突した。川上良之消防長は「あってはならないことであり深くおわび申し上げる。再発防止に努める」とコメントした。