JR京葉線でオーバーラン 運転士「睡魔襲われ」

  • LINEで送る

 市川市塩浜2の京葉線市川塩浜駅で27日午後5時15分ごろ、到着した蘇我発東京行き上り普通電車(10両編成)が停止位置を約230メートル過ぎて停車した。50代の男性運転士は「一瞬睡魔に襲われ、ブレーキをかけるタイミングを逃した」などと話しているという。乗客約300人にけがはなかった。

 JR千葉支社によると、車掌が非常ブレーキを使い停車。電車は停止位置を修正して乗客約30人が乗降、約5分遅れで運転を再開した。運転士に体調面での問題はなかった。現在、一時乗務を停止させ、教育・指導を行っているという。この影響で上り2本が最大5分遅れ、乗客約450人に影響した。