わざとコンビニに車突っ込んだ疑い 大多喜、52歳男逮捕

 故意に車でコンビニ店に突っ込んでガラスを割ったとして、勝浦署は30日、建造物損壊の疑いで大多喜町中野、自称土木業、渡辺正彦容疑者(52)を逮捕した。

 逮捕容疑は同日午前5時35分ごろ、同町船子のコンビニ「セブン-イレブン大多喜船子店」で、軽乗用車を店舗に衝突させ、出入り口のドアガラスと壁面のガラスを壊した疑い。

 同署によると、来店した渡辺容疑者はレジに計1266円分の食品を置き、現金520円を差し出した。女性店員に金額不足を指摘されると「いいんだよ」と告げて持ち出そうとしたため、女性店員が返金し、食品を渡さなかった。

 店外へ出た渡辺容疑者は車に乗り込み少し後進してから前進。車輪止めを乗り越えて店にぶつけた。柱などが障害になり、前進できなくなってもアクセルを踏んだという。渡辺容疑者は容疑を認めている。


  • LINEで送る