ポケモンメダルで現金詐取 千葉中央署、容疑の男逮捕

 人気アニメ「ポケットモンスター」のアーケードゲームで使用するメダルをインターネットオークションで販売するよう装い、落札者から現金をだまし取ったとして、千葉中央署は9日、詐欺と組織犯罪処罰法違反の疑いで、福岡市博多区堅粕1、派遣社員、萩原英男容疑者(38)=別の両容疑で送検、処分保留で釈放=を再逮捕し、千葉地検に送検したと発表した。

 再逮捕容疑は昨年2月、ネットオークション「ヤフーオークション」で、実際には持っていないメダルの2枚セットを写真付きで出品登録。落札した新潟県十日町市在住の男性=当時(31)=に、オークションの運営会社を通して代金6500円を指定口座へ振り込ませた疑い。「アーケードゲームで遊びたかった」と容疑を認めている。

 同署によると、萩原容疑者は同月、千葉市中央区の女性=当時(35)=にも同様の手口でメダル8枚セットを落札させ、1万5200円を詐取。支払後もメダルが届かず、女性が同署へ相談。同署は通信記録などから萩原容疑者を割り出し、女性への詐欺容疑で先月14日に逮捕していた。

 萩原容疑者は、メダルが入手困難なキャラクターの“レア商品”だとうたっていたという。同署は同様の犯行を20件近く繰り返していたとみて調べている。


  • LINEで送る