羽田着陸機から氷塊落下か 君津、工場屋根突き破る

  • LINEで送る

 君津市植畑の工場に25日朝、羽田空港に着陸する航空機に付着していたとみられる氷塊が落下し、屋根を突き破る建物被害が発生していたことが27日、関係者の話で分かった。けが人はなく、国土交通省が詳細を調査している。県によると、羽田空港を離着陸する航空機からの落下物事故は過去に報告がなく、県や同市は同省に再発防止に向けた対応を求める。

 県空港地域振興課などによると、氷塊は25日午前8時半から40分までの間、同市植畑の県森林組合君津支所工場の屋根に落下。張られていたスレート材に7~8センチ程度の穴を開け、破片の一部が工場内にいた従業員に当たったが、けがはなかった。氷塊は縦15センチ、横8センチ、厚さ7センチの板状だったという。

 現在、同省が詳細な調査を行っているが、県は、工場は羽田空港に着陸する航空機の飛行ルート周辺に位置しているため「航空落下物の可能性が高い」とみている。

 現場は鹿野山の南東約3キロ付近の内陸地。羽田への到着機は東京湾上で車輪を出すため、今回は通常飛行時に落下したとみられる。

 同課は「羽田に離着陸する航空機からの落下物は、これまで報告されたことはなかった」と説明。君津市とともに同省の調査結果を待って再発防止策などを求める方針。君津市の担当者は「原因ははっきりしないが、人に直接当たっていたら最悪の事態も考えられる」と不安を口にした。