「嵐」のサイン偽造 ネットで販売容疑 県警、母子ら3人逮捕

 県警サイバー犯罪対策課と千葉西署は6日、人気アイドルグループ「嵐」のメンバーらのサインが入った色紙やボールを偽造し、インターネットで販売したとして、詐欺の疑いで大分県日田市北豆田、パートの女(40)と定時制高校1年の長女(20)=犯行時(19)=、同市夜明、女(40)の元夫で私立高校臨時職員の男(51)を逮捕した。

 同課によると、3人はインターネットで見つけた「嵐」や「NEWS」ら人気アイドルのサインの画像を基に、筆跡をまねてサイン入り色紙などを大量に作成。これらをオークションサイトに出品し、昨年6月~今年3月の間だけで約3300点を販売、約370万円を売り上げていたとみられ、同課が裏付けを進めている。


  • LINEで送る