駅トイレで小学生暴行目撃、逮捕に協力 千葉中央署 吉岡さんらに感謝状 「放っておけなかった」

感謝状を受け取る吉岡さん(右)=千葉中央署
感謝状を受け取る吉岡さん(右)=千葉中央署
感謝状を受け取った吉岡さん(前列左から2番目)ら=18日午後2時ごろ、千葉市中央区
感謝状を受け取った吉岡さん(前列左から2番目)ら=18日午後2時ごろ、千葉市中央区

 小学生に対する暴行事件の容疑者逮捕に協力したとして、千葉中央署(内藤誠署長)は、東京都江東区の会社員、吉岡聡さん(36)とJR千葉駅員、土方郁男さん(45)に署長感謝状を贈った。吉岡さんは「5歳の娘と2歳の息子がいるので放ってはおけなかった」と振り返った。

 同署などによると、5月2日夕、同駅の男子トイレ内で、男が小学生の男児(7)にアルミ缶に入った酒をかける事件が発生。仕事帰りだった吉岡さんは事件を目撃した後、泣いていた男児に声をかけ、個室に入っていた男が逃げないよう見張った。

 当時、改札業務をしていた土方さんは、男児の母から連絡を受け現場に向かい、個室内で酒を飲んでいた男を確保した。

 吉岡さんは「今後も被害に遭った人を見たら積極的に声をかけたい」、土方さんは「地域の皆さんと協力して安全安心な駅づくりができた」と笑顔を見せた。


  • LINEで送る