【動画あり】「詐欺加担は人生ガッデム」 プロレスラー蝶野正洋さん、県警広報大使に 電話de詐欺撲滅へ

啓発動画に出演するなどした功績をたたえられ、県警から感謝状も贈呈された蝶野さん(右)=29日午後、県警本部
啓発動画に出演するなどした功績をたたえられ、県警から感謝状も贈呈された蝶野さん(右)=29日午後、県警本部
「簡単に稼げるバイトはない」と若者に呼び掛ける蝶野さん
「簡単に稼げるバイトはない」と若者に呼び掛ける蝶野さん
少年が詐欺に加担するまでの流れを演じる蝶野さんら
少年が詐欺に加担するまでの流れを演じる蝶野さんら

 少年が“闇バイト”で電話de詐欺の「受け子」などになるのを防ごうと、県警は、「黒のカリスマ」と呼ばれた人気プロレスラー、蝶野正洋さん(58)に「千葉県電話de詐欺加担防止広報大使」を委嘱した。蝶野さんは「簡単に稼げるバイトはない。電話de詐欺に加担したら、お前の人生がガッデムだ!」とおなじみのフレーズで呼び掛けた。

 県警によると、電話de詐欺犯のグループはSNSで「短時間高収入。当日払い5万円から」などと誘い、少年たちを受け子などに仕立てるケースがある。県警は少年の加担を防ごうと「子どもからお年寄りまで幅広く人気があるヒーロー」の蝶野さんを起用し、出演する啓発動画を作成した。

 蝶野さんは詐欺グループのボス役で、非行防止活動に取り組むボランティアも出演。好きなアーティストのライブに行く金が必要な少年がSNSで闇バイトに申し込み、逮捕されるまでを描いた。蝶野さんは劇の最後に警察官に扮(ふん)し「簡単に稼げるバイトはない、甘い誘いに乗らない」と若者に訴えた。

 動画は県警の公式YouTubeチャンネルなどで配信予定。県警生活安全部の畑中忠部長は「蝶野さんは発信力が強く、県警の大きな力になる」と期待。蝶野さんは「若い時は勢いで物事をしてしまうことがある。判断できない時は身近な親や友だち、先生に聞くことが大切」と求めた。

 県警によると、県内で今年確認された電話de詐欺の被害額は約20億4千万円。県警は高齢者宅で現金を受け取る受け子ら約100人を摘発、うち少年は11人だった。



  • LINEで送る