成田空港でフォトウエディング 旅客機の前で幸せポーズ コロナ減便受け新サービス

旅客機の前で撮影に臨む角田敬さんとゆうかさん=11日、成田空港
旅客機の前で撮影に臨む角田敬さんとゆうかさん=11日、成田空港
成田空港で新婚カップルが旅客機の近くで記念撮影ができるフォトサービスが始まった=11日
成田空港で新婚カップルが旅客機の近くで記念撮影ができるフォトサービスが始まった=11日

 成田空港で、新婚カップルが旅客機のすぐそばで記念撮影ができるフォトサービスが始まった。11日にはウエディングドレスとタキシード姿のカップルが、非日常的な空間を味わいながら思い出の一枚を撮影した。新型コロナウイルスの影響で運航数が減り、駐機場に立ち入りやすい状況を生かした初の試み。

 晴天に恵まれた11日、撮影に臨んだのは成田市の角田敬さん(28)とゆうかさん(25)夫妻。機体の前で仲むつまじく笑い合う2人をカメラマンが写真に納めた。

 2019年8月に入籍した2人は、新型コロナの影響でこれまで結婚式を2度延期している。改めて11月に計画している式に先立ち花嫁姿を見た敬さんは「本当にきれい。家族に早く見せたい」と笑顔。ゆうかさんは「一生の思い出になった。時期を見て新婚旅行に成田からハワイに行きたい」と頬を赤らめていた。

 フォトウエディングは成田国際空港会社(NAA)と航空会社、周辺ホテルが協力して企画。9月の開始予定だったが、緊急事態宣言を受けて延期され、解除された10月から始まった。NAAの担当者は「コロナの影響で挙式などが開きにくい中、空港ならではの貴重な体験を提供したい。明るい話題で空港も盛り上げていけたら」と話した。


  • LINEで送る