“野戦病院”整備を 自民県連政調会、千葉県に要求

熊谷知事(右から2人目)に新型コロナ対策強化の申し入れ書を提出した自民党県連政調会長の伊藤県議(同3人目)ら=1日、千葉県庁
熊谷知事(右から2人目)に新型コロナ対策強化の申し入れ書を提出した自民党県連政調会長の伊藤県議(同3人目)ら=1日、千葉県庁

 千葉県が1日に発表した9月補正予算案について、自民党県連は同日、「新型コロナウイルス対策が不十分」などと指摘し、熊谷俊人知事に「コロナ自宅療養者の急増に伴う医療提供体制の強化等に関する緊急申し入れ書」を提出した。同党県連政調会の伊藤昌弘会長は提出後、報道陣の取材に応じ「臨時医療施設の拡充やいわゆる“野戦病院”の新設などさらなる病床確保が必要」と強調した。

 緊急申し入れ書は、同党県連の河上茂幹事長、伊藤政調会長の連名で提出。

 伊藤会長は、県の新型コロナ対策で病床確保について「少しずつ増えている」と一定の理解を示した上で、現状の臨時医療施設(県がんセンター旧病棟)だけでは不十分で、野戦病院のような施設の開設が急務と指摘した。

 申し入れ書では、入院調整が困難な場合の「入院待機ステーション」整備や、自宅療養施設の拡充、全世代のワクチン接種の着実な推進などを要求。熊谷知事は「皆さんの思いは受け止める」と応じた。


  • LINEで送る