海堡、試射場歴史伝える 富津岬の戦争遺構 【千葉地理学会連載 おもしろ半島ちばの地理再発見】

 富津岬は東京湾に約5キロも延びていますので、対岸の三浦半島とともに湾の入り口を守る重要な位置にあります。太平洋戦争終戦までは要塞(ようさい)地帯として、さまざまな軍事施設が置かれていました。

 古くは江戸後期に幕府の海防策で砲台が築かれ、その拠点とし ・・・

【残り 1121文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る