四街道市、困窮子育て世帯に給付金 【コロナ関連情報】

 四街道市は27日、新型コロナウイルス禍で困窮する低所得の子育て世帯に、子ども1人当たり5万円の給付などを盛り込み、2億1943万円を増額する一般会計補正予算を専決処分したと発表した。31日に開会する6月定例議会に承認案を提出する。

 市財政課によると、低所得の子育て世帯への補正予算はひとり親世帯分が4347万円、両親がいる家庭分は6143万円を算出。いずれも要件を満たした世帯が受け取れる。他にもワクチン接種の委託料を計上した。専決は4月19日付。給付金の財源は国の生活支援特別給付金を充てる。


  • LINEで送る