市原市、ひとり親家庭に3万円給付 中小企業も支援へ 【新型コロナ】

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、市原市は、ひとり親家庭と中小企業に対する支援策を発表した。

 ひとり親家庭に対する緊急支援給付金は、児童扶養手当を受給しているひとり親家庭が対象。支給額は一世帯当たり3万円で、子ども1人につき1万円を加算して支給する。5月下旬以降のできるだけ早期に給付予定。申請期間や支給方法は対象家庭(約2000世帯)に直接知らせるという。事業所休業などで収入減少の影響を大きく受けると考えられるという。問い合わせは市子ども福祉課(電話)0436(23)9802。

 また、中小企業等経営支援金は、今年1~7月のいずれか1カ月の売り上げが前年比50%以上減少している市内中小企業などが対象。「千葉県中小企業給付金」と連動して一事業者当たり10万円を交付する。5月中旬ごろから申請受付を開始予定。問い合わせは市商工業振興課(電話)0436(23)9836。


  • LINEで送る