オフィス街に仲良しカモ親子 ビジネスマンに人気 千葉市・幕張テクノガーデン

幕張テクノガーデン内にある水辺を泳ぐカモの親子=26日午後、千葉市美浜区
幕張テクノガーデン内にある水辺を泳ぐカモの親子=26日午後、千葉市美浜区
幕張テクノガーデン内で、注目を浴びる愛らしいカモの親子=26日午後、千葉市美浜区
幕張テクノガーデン内で、注目を浴びる愛らしいカモの親子=26日午後、千葉市美浜区
列になって幕張のオフィス街の水辺を泳ぐ、カモの親子=26日午後、千葉市美浜区の幕張テクノガーデン
列になって幕張のオフィス街の水辺を泳ぐ、カモの親子=26日午後、千葉市美浜区の幕張テクノガーデン

 千葉市美浜区のオフィス街でカモのひながふ化し、親ガモと仲良く泳ぎ回る姿がビジネスマンらの人気を集めている。

 カモの親子は幕張新都心にある「幕張テクノガーデン」内に住み着いている。同施設清掃スタッフの加藤修弘さん(62)=市川市=によると、4月中旬ごろから同施設の庭で親ガモが卵を温めていた。卵は八つあり、2日ほど前に六つがふ化したという。加藤さんは「カラスに襲われないよう見回りをしている。成長を見守っていきたい」と話した。

 昼休み中にカモの親子を見かけた習志野市の男性会社員(48)は「せっかく生まれてきたから無事に育ってほしい」。昼食で同施設を訪れていた千葉市美浜区の50代女性も「人だかりが気になって見に来た。本当にかわいらしい」と目を細めていた。


  • LINEで送る