一宮海水浴場沖でサーファー行方不明 銚子海上保安部

 18日午後3時半ごろ、ちば消防共同指令センターから「一宮海水浴場沖の消波ブロックにサーファーが1人挟まって抜け出せない」と銚子海上保安部に連絡があった。同保安部などによると、サーファーは男性(44)で、行方が分からなくなっている。同保安部の巡視艇や羽田航空基地のヘリコプターが捜索したが見つからず、日没で捜索を打ち切った。19日に再び捜索する。

 同保安部によると、捜索時の現場の天候は晴れ。西南西の風15メートルで、強風波浪注意報が発表されていた。


  • LINEで送る