昨年の火災大幅減 千葉市消防局、コロナ自粛影響か

 千葉市消防局は、昨年市内で発生した火災が204件で前年から54件減ったと発表した。過去最少だった1962年の162件に続く少なさ。減少自体は7年連続だが減少幅は2件から十数件にとどまっており、今回の大幅減少について、同局の担当者は「人の活動に起因する火災が減った。新型コロナ禍による活動自粛が影響している可能性が高い」と分析した。

< ・・・

【残り 430文字】



  • LINEで送る