ひろえば街が好きに ジャガーさんら参加 千葉市中央公園

笑顔でごみを拾うジャガーさん=6日、千葉市中央区
笑顔でごみを拾うジャガーさん=6日、千葉市中央区

 千葉日報社と日本たばこ産業(JT)東関東支社(千葉市美浜区、中込敬介支社長)は6日、千葉市中央公園をメイン会場に清掃活動「ひろえば街が好きになる運動」を行った。

 「ひろう」体験を通じて「すてない」気持ちを育てたい、という清掃活動に共感・賛同した市民や周辺企業の従業員ら150人が参加。ポートクイーン千葉の高柳祐花さん、山口ひろなさん、山口莉奈さん、ロックミュージシャンのJAGUAR(ジャガー)さんも応援に駆け付け、歩きながら落ちているごみを回収した。拾ったごみは特設の分別ごみ箱に仕分けられた。

 高柳さんは「ごみ拾いを通じて街を眺めると、普段と違い新鮮」と笑顔。特製フェースシールドを着けて現れたジャガーさんは「思ったより街がきれいだったが、頑張ってたくさん拾った」と感慨深げだった。


  • LINEで送る