【ちば特】隣接2市、魅力に差⁉ 八街・コロナ禍で物件に注目 山武・全国最下位脱出へ奮闘

八街市方面と山武市街方面に分岐する道路。両市は隣接している=山武市
八街市方面と山武市街方面に分岐する道路。両市は隣接している=山武市
八街駅周辺には比較的新しい家が多く立ち並ぶ=八街市
八街駅周辺には比較的新しい家が多く立ち並ぶ=八街市
「日本一魅力のない山武市をみんなで変えよう」と書かれたのぼりを紹介する池田さん=同市
「日本一魅力のない山武市をみんなで変えよう」と書かれたのぼりを紹介する池田さん=同市

 落花生の名産地として知られる八街市と、イチゴ狩りや海のレジャーが楽しめる山武市。二つの地域は今年、それぞれ別のランキングで注目を集めた。1都3県の駅ごとに集計する賃貸物件の「コロナ禍での問い合わせ増加率ランキング」で八街(JR総武本線、八街市)が1位となった一方、山武市は市区町村別「魅力度ランキング」で全国最下位タイに。移住・転居を考える都市部の人々の目に留まった八街。山武市では地元住民が知名度向上に向け立ち上がり、魅力を発信するイベントも始めた。「ちば特(千葉日報特報部)」今回は、隣り合う両市の住みやすさや魅力について調査した。

(「ちば特」取材班 田村理、石堂みなみ、山崎恵)

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した今年4月1日~8月18日にかけ、「八街駅」にひも付けられた賃貸物件の問い合わせは前年同期比で146・2%の増加率を記録し、1都3県で1位となった。

 住宅情報サイト運営会社が集計し、グループ会社が分析したランキング結果。八街市企画政策課は「コロナ禍で在宅勤務に注目が集まる中、郊外にある八街の物件は手頃感がある」と指摘。同社の担当者は「一般的には通勤圏ではないが、週に数回の通勤なら(都心に)十分に通えると評価されたのでは」とみる。

◆「住みやすさ」評価

 八街は、昨年1年間を調査期間とした1都3県の「2020年 買って住みたい街(駅)ランキング」でも26位となり、前年の70位から急上昇した。同課は「最近は八街駅周辺に、多くの家が建った」と指摘。同社の担当者は「アクセスの良さや物件の手頃感も評価されたのでは」とした。

 同課が「ランキングは八街に関心をもってもらう良い機会になった。実際の移住につなげたい」と意気込む一方、住民の中には「評価の高さには違和感もある」との声も。同市のパート女性(65)は「バスの本数が少なく、車が運転できても渋滞が多い」と打ち明ける。市の担当者は「道路整備を進めており、バスの廃止路線対策としてコミュニティバスも運行している」と強調。市は子育て支援にも力を入れ「住みやすさ」向上を図っている。

 一方、山武市の松尾、日向、通勤快速の始発駅でもある成東駅は物件数が少なく、ランキングの対象外。同社の担当者は「物件が極端に少ないわけではない」とする一方、「『八街市の八街駅』と比べ認知度は低く、問い合わせは来づらいかもしれない」とした。

◆魅力度=知名度?

 山武市が最下位タイとなった市区町村別の魅力度ランキングは、市と特別区、地域ブランドへの取り組みに熱心な町村を加えた1000自治体が対象。民間調査会社が認知度や居住意欲度など全84項目を調べ「魅力度」を算出した。

 山武市は前年も999位と厳しい位置にいた。同市企画政策課は「結果は残念だが『魅力の無いまち』だとは考えていない。美しい砂浜やイチゴ狩りといった地域の魅力が伝わっていない」との見方を示した。

◆住民が自ら発信へ

 同市の建築建設業「池田屋」社長、池田久和さん(51)は「蓮沼ウォーターガーデンや『成東』のイチゴ狩りなど合併前の自治体の名は知られているが『山武市』自体の認知度は低いのではないか」とみる。

 池田さんら地元有志は今月1日、道の駅「オライはすぬま」で認知度向上に向けたイベントを開催。「日本一魅力のない山武市をみんなで変えよう」と書いたのぼりを用意し、来訪者に地産のコメやしょうゆを無料で配った。今後も実施するという。池田さんは「ランキング結果は残念だが、行政と市民がタッグを組んで魅力を発信していくしかない。まちづくりに取り組む人が増える契機となれば」と前を見据えた。

 一方、落花生の名産地として知られる八街市は679位。山武市と比べ、「各地域から思い浮かぶ産品」に関する項目で評価が高かった。

◆さらなる発展期待

 八街駅周辺で街頭インタビューした際、八街市のパン店に勤める山武市のパート女性(69)は「私にとって、どちらのまちも慣れ親しんでおり、愛着がある」と話していた。牧歌的な田園地帯や閑静な住宅地が広がる両市。図らずも注目を集めた二つの地域がさらに住みやすく、魅力のあるまちに発展することを願ってやまない。


  • LINEで送る