【動画あり】成田で遊覧飛行 巨大ウミガメ機 全日空 334人がハワイ気分満喫

100倍の応募倍率から選ばれた約300人の乗客が世界最大の旅客機に乗り込み、約1時間半の遊覧飛行を楽しんだ=22日、成田空港
100倍の応募倍率から選ばれた約300人の乗客が世界最大の旅客機に乗り込み、約1時間半の遊覧飛行を楽しんだ=22日、成田空港
約1時間半の遊覧飛行に出発する世界最大の旅客機A380
約1時間半の遊覧飛行に出発する世界最大の旅客機A380

 新型コロナウイルスの感染拡大で航空機の大幅な減便が続く中、全日空は22日、海外旅行に行けなくてもハワイ気分を味わってもらおうと、普段は成田-米ホノルル間を結ぶ世界最大の超大型旅客機「エアバスA380型機」の遊覧飛行を行った。成田を飛び立ち成田に到着する約1時間半のツアーに定員の100倍超のファンが応募。選ばれた334人の乗客は、海外旅行さながらの雰囲気を満喫した。

 全日空は国内の航空会社として唯一、座席数520席を誇るA380を2機保有している。全長約72メートル、全幅約80メートル、全高約24メートルの2階建ての機体は、米ハワイで神聖な生き物とされるウミガメがデザインされ「FLYING HONU」(空飛ぶウミガメ)と称されている。昨年5月には青色に塗装された初号機がデビュー、翌月にはエメラルドグリーンの2号機も就航した。

 この日は客室乗務員らがアロハシャツ姿で乗客をお出迎え。全日空の井上慎一専務は「海外旅行に行きたくても行けないがA380に乗りたいという乗客の熱い思いで今回の企画が実現した。ぜひハワイ気分を楽しんでほしい」とあいさつした。

 横浜市から家族3人で参加の会社員、斎藤朋生さん(43)は「ハワイに行く時しか乗れない機体なのでチャンスだと思って応募した。海外旅行に行けないので雰囲気だけでも楽しみたい」と話した。


  • LINEで送る