インフル接種助成全市民に 冬見据え医療混乱防ぐ 千葉市

 千葉市は21日、インフルエンザ予防接種費用について、助成の対象を生後6カ月以上に拡大すると発表した。事実上、全市民が対象となる。高齢者向けの肺炎球菌のワクチン接種も助成対象を広げる。

 新型コロナウイルスの感染収束が見込めない中、さらなるまん延も懸念される冬に向けて、インフルエンザ患者を抑え込むことで医療機関の混乱を防ぐことが目的。熊谷俊人市長は同日、記者会見を開き「冬は最も警戒すべき季節。今打てるワクチンを事前に打つことが、自分自身や社会、医療現場を守って冬を乗り切っていくことにつながる」と述べた。

 市によると、65歳以上は既にインフルエンザの予防接種費用の一部を助成しており、今回は接種が可能な生後6カ月から65歳未満の市民約72万人も助成対象に加える。

 助成は償還払いで上限は3千円。通常の接種費用は3千~4千円とされ、助成により1800円の自己負担で受けることができる。助成期間は10~12月。市外の医療機関で接種した場合も助成される。

 また、肺炎球菌のワクチンについても、65歳以上でこれまでに1回も接種したことがない市民に対して費用の一部を助成する。

 市は、関連事業費計約3億8千万円を盛り込んだ補正予算案を9月8日開会予定の定例市議会に提出する。


  • LINEで送る