2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

給付金10万円忘れずに! 若年に未申請多い傾向 船橋市

船橋市が作製した特別定額給付金の申請を呼び掛けるポスター(同市提供)
船橋市が作製した特別定額給付金の申請を呼び掛けるポスター(同市提供)

 「10万円もらいました?」-。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、国が全国民に10万円を給付する特別定額給付金の船橋市の申請期限が20日に迫り、市は未申請者に注意を呼び掛けるポスターを作製し、大型商業施設などに掲示している。市の分析では、10代や20代の若年世代の未申請が多く「自分が世帯主になっていないか」「両親などに自分の名前で手続きが完了しているか」など、確認するよう促している。

 市によると特別定額給付金は、先月29日時点で市内約96%から申請があり、申請者の98・5%にあたる29万1531世帯(62万2536人)への振り込みを完了している。

 同16日時点で未申請者の世代を分析したところ「世帯主が10代の世帯」は約10・8%、「世帯主が20代の世帯」は約11%の割合で申請されていなかった。市内全世帯の平均は約5・1%で、10代と20代の未申請割合が際立った。

 理由について市は「自分が世帯主という実感がない」「実家の両親が手続きしていると思い込んでいる」などと推測している。

 申請受け付け期限は市町村ごとに異なり、船橋市は今月20日。市は「両親に聞いたり自分自身の情報を確認したりして、もれなく申請してほしい」としている。問い合わせはコールセンター(電話)0120-122784。


  • LINEで送る