2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

台湾支援マスク200万枚、成田空港に到着 新型コロナ

台湾から到着したマスク200万枚を迎える(左から)古屋会長と謝代表=21日、成田空港
台湾から到着したマスク200万枚を迎える(左から)古屋会長と謝代表=21日、成田空港

 台湾政府が新型コロナウイルス対策として日本側に寄贈したサージカルマスク200万枚が21日、中華航空の貨物機で成田空港に到着した。マスクは全国の医療関係者などに配布されるという。

 超党派の議員連盟「日華議員懇談会」(古屋圭司会長)の依頼に台湾政府が応えたもの。午前11時に貨物機が着陸すると、「Taiwan can help 台湾日本友好」の横断幕が付いた荷物が貨物機から次々と降ろされた。

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は「日本と台湾の真の友情の証だ。コロナウイルスと闘うため、世界で団結しないといけない。お互いに手を組み、一日も早く通常の生活に戻れるよう期待する」と話した。

 古屋会長は「心から感謝する。速やかに全国で必要とされている医療機関、特別支援学校に届くようにする。困った時に手を差し伸べてくれる友人こそ、真の友人だ」と話していた。

 同会によると、マスクは全国の特別支援学校の他、都道府県などを介して医療関係者らに配られる予定。

 台湾では一時マスクが不足していたが企業にマスク増産を促し、既に日産1500万枚を達成。国内需要をほぼ満たしているという。


  • LINEで送る