5月限定!登録無料キャンペーン実施中

シーズン目前、佐倉が桜に!? 看板変え「観光を」 京成電鉄駅など

京成「桜」駅で一日駅長を務めたモデルの村田さん=20日、佐倉市
京成「桜」駅で一日駅長を務めたモデルの村田さん=20日、佐倉市
駅名と市役所名を「桜」とした看板の除幕式。モデルの村田さん(中央左)や西田三十五市長(左)が出席した
駅名と市役所名を「桜」とした看板の除幕式。モデルの村田さん(中央左)や西田三十五市長(左)が出席した

 桜の本格的なシーズン到来を目前に、佐倉市の市役所や駅などの「佐倉」の表記を期間限定で「桜」に変更する遊び心満載の観光キャンペーンが20日、始まった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で花見にも自粛ムードが漂う中、県内屈指の桜の名所・佐倉城址公園への観光客誘致が狙い。関係者は「何とか佐倉に訪れるきっかけとなったら」と期待を寄せている。

 市と京成電鉄(市川市)が協力し、初めて実施する観光キャンペーン「桜に染まるまち、佐倉」の一環。4月12日までの期間中、城址公園とともに最寄り駅の京成佐倉駅や佐倉市役所、郵便局などの看板表記を「佐倉」から「桜」に変更して広くPR、市や同公園の認知度向上を図る。

 約50品種、1100本の桜が植えられている“桜”城址公園は、北総有数の桜の名所。また、県内で唯一「日本100名城」にも選定されている。市観光協会によると、現在の開花状況は1、2割程度で「3月下旬ごろに満開となる予想で、4月上旬まで楽しめる」という。

 20日は京成“桜”駅に隣接する施設で、表記を「桜」に変更した駅と市役所の看板の除幕式が行われた。イメージキャラクターに起用された佐倉高校出身の人気モデルの村田倫子さん(27)は、自身がデザインした看板を見て「佐倉は私の青春が詰まった場所。佐倉の魅力をたくさんの人に知ってもらいたい」と話した。

 京成電鉄によると、駅名看板を期間限定で変更したのは「母の日」に合わせて昨年実施した市川真間駅(市川市)を「市川ママ」駅として以来2例目。


  • LINEで送る