深夜に来店の児童保護 コンビニ店に感謝状 柏署

感謝状を受け取る佐久間さん(左)=柏市
感謝状を受け取る佐久間さん(左)=柏市

 柏署(茶谷秀樹署長)は、深夜に来店した小学生2人を保護し子どもを犯罪から守る活動に貢献したとして、柏市のコンビニ店「ミニストップ柏大井店」のオーナー、佐久間章さん(60)に感謝状を贈った。

 同署によると、佐久間さんは今月9日午前1時35分ごろ、同市立小学校の5年生(11)と3年生(9)の男子児童2人が子どもだけで来店したのを不審に思い、理由を尋ねたところ「家出をしてきた」などと話したことから2人を店内で保護し110番通報した。

 佐久間さんによると、妻(63)と店内で業務中で、保護者と一緒ではない児童たちの様子がおかしいことから声を掛けた。前日の午後から市内の大型商業施設で遊んでいて帰りが遅くなり、保護者に怒られるのを避けるため帰宅せずに歩いていて道に迷った、と話したという。同署は保護者の110番通報を受け2人を探していた。佐久間さんは「周辺は夜間に人通りがなく、このまま帰してはまずいと思った。防犯面の役割を果たせた」と話した。


  • LINEで送る