ダンスで献血呼び掛け AKBと地元小中学生 勝浦

AKBのメンバーと児童らが献血を呼び掛けたステージ=勝浦市
AKBのメンバーと児童らが献血を呼び掛けたステージ=勝浦市

 若年層の献血者を増やそうと、勝浦市芸術文化交流センターで、アイドルグループ「AKB48 チーム8」のメンバーと地元小中学生らによるダンスグループが啓発ステージを披露した。

 献血推進キャンペーンは、房総勝浦ライオンズクラブ(桐川庄司会長)の結成50周年記念事業の一環。献血をする若者が少ない現状を改善しようと、同センターの文化祭と国際武道大学の学園祭を会場にした。

 同センターのステージには、AKB48の吉川七瀬さん(千葉県献血推進ガール)と服部有菜さん、大西桃香さんが登場。小中学生と一緒に歌や踊りを披露。満員の観客を沸かせ、献血に行こうと呼び掛けた。

 同クラブの担当者は「過去にないほど盛り上がった。若者の献血への意識が向上すれば」と期待した。


  • LINEで送る