富津「第二海堡」上陸ツアー 5月11日から本格スタート

  • LINEで送る

富津岬の沖合に浮かぶ人工要塞(ようさい)島「第二海堡(かいほう)」に上陸するツアーが、11日から本格的に始まる。
富津岬の沖合に浮かぶ人工要塞(ようさい)島「第二海堡(かいほう)」に上陸するツアーが、11日から本格的に始まる。
昨年10月の試験ツアーで第二海堡に上陸し遺構を見学する参加者=富津市
昨年10月の試験ツアーで第二海堡に上陸し遺構を見学する参加者=富津市

 富津岬の沖合約3・5キロに浮かぶ人工要塞(ようさい)島「第二海堡(かいほう)」に上陸するツアーが、11日から本格的に始まることが決まった。国土交通省と関係機関でつくる第二海堡上陸ツーリズム推進協議会が発表した。

 協議会によると、5月中に五つの旅行会社が計15回の上陸ツアーを実施する。いずれも横須賀市の三笠桟橋を出航し、再び同市に戻る内容。ツアーの詳細や申し込み方法は、各旅行会社のホームページ(HP)に順次掲載される。

 5月にツアーを実施するのは、はとバス、クラブツーリズム、JTBガイアレック、ポケカル、サンケイツアーズ。

 6月以降のツアーは、日程調整などを担う「東京湾海堡ツーリズム機構」のHPで順次、公表予定。

 第二海堡が所在する富津市は、市内の観光振興につなげようと、同市新富の公共埠頭(ふとう)から出航するツアーなどの誘致に取り組んでいる。市商工観光課は「引き続き旅行会社などに行って検討をお願いしたい」としている。