園児が花の植え付け 千葉県青少年女性会館

 千葉市稲毛区の園生保育所(萩原れい子所長)の年長組園児27人が28日、近くの県青少年女性会館で花植え体験をした。同館の玄関前を彩り、来館者を迎えている。

 植え付けたのは、秋の七草の一つであるナデシコと、秋桜の異名のあるコスモスの計300株。青空の下、子どもたちはポット苗を取り出し、プランターにスコップで穴を掘り、3株ずつ植えていった。

 子どもたちは「手が真っ黒になったけど楽しかった。大きくきれいになって」と、自分の植えた花に声を掛けていた。


  • LINEで送る