全国3位、喜び報告 小学生男子ソフトボール・オールいすみ 「次こそ優勝」

  • LINEで送る

全国3位に輝いた「オールいすみ」のメンバーら=いすみ市役所
全国3位に輝いた「オールいすみ」のメンバーら=いすみ市役所

 春季全日本小学生男子ソフトボール大会で3位に輝いたいすみ市のチーム「オールいすみ」の選手が市役所の太田洋市長を訪ねた。喜びの報告をした主将で小学6年生の高岡千乃介君(11)は「今度こそ全国優勝を狙う」とリベンジを誓った。

 チームは昨年、13チームがエントリーした千葉県予選で初優勝し、県代表になった。

 全国大会は今年3月24~26日、高知県内であり、48チームがトーナメント方式で順位を争った。1回戦から強豪と対戦し、延長戦を制した。その後は順調に勝ち進み、準決勝では相手エースを打ち崩せずに1対1のまま延長戦に突入してサヨナラ負けを喫した。高岡君は「すごく悔しかった。一生懸命練習して、今度は全国優勝する」と力を込めた。

 吉田克己監督は「一戦一戦苦しかったが、チームワークが良く、少ない得点をみんなで守った」と総括。「もう一度、全国の舞台に立てるように頑張る」と気合を入れた。

 選手から報告を受けた太田市長は「素晴らしいチームに成長し、夢を実現してほしい」とねぎらった。