2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

祭祀用?「石剣」3本発掘 千葉市若葉区 加曽利貝塚

縄文時代晩期とみられる住居跡から見つかった「石剣」3本と耳飾り=20日、千葉市若葉区の加曽利貝塚博物館
縄文時代晩期とみられる住居跡から見つかった「石剣」3本と耳飾り=20日、千葉市若葉区の加曽利貝塚博物館

 昨年、特別史跡に指定された加曽利貝塚(千葉市若葉区)で、同市教委は20日、約3千年前の縄文時代晩期とみられる竪穴住居跡から「石剣」3本を発掘したと発表した。同じ住居跡から3本同時に見つかるのは全国的に珍しいという。

 同市教委によると、石剣は長さ35~39センチ。獣骨の破片や焼土と一緒に発掘されたことから、3本は武器ではなく祭祀(さいし)に使われていたとみられる。また、同住居跡からは土製の耳飾りも見つかった。

 同市教委は8月から同住居跡周辺の発掘調査を進めていた。


  • LINEで送る