“巨大風車”バックに快走 ステージ2 【ツール・ド・ちば2018】

  • LINEで送る

 首都圏最大級のサイクリングイベント「ツール・ド・ちば2018」(同実行委員会主催)の第2日が7日行われた。銚子市を出発した参加者は九十九里海岸沿いを一路南下し、匝瑳市から内陸へ。細かなアップダウンを繰り返しながら、成田市・大谷津球場までの80・8キロに挑んだ。

 きょう8日の最終日は最も長い105・6キロ。成田市から神崎町を経て、香取市内の歴史地区や水郷地帯を走り、6日に出発した銚子市に戻る。