5月限定!登録無料キャンペーン実施中

監督ら、熱い思い語り合う 船橋舞台「きらきら眼鏡」3者対談

対談をする(左から)犬童さん、森沢さん、大木さん=船橋市の石井食品本社
対談をする(左から)犬童さん、森沢さん、大木さん=船橋市の石井食品本社

 船橋市を舞台にした市民参加型映画として注目されている「きらきら眼鏡」の9月7日の公開を前に、原作者の森沢明夫さん(48)、犬童一利監督(32)、映画製作を支えた市民グループの代表、大木武士さん(44)による特別対談が、船橋市の石井食品本社で開かれた。3人は映画製作に携わったこの2年間を振り返り、作品に込めた熱い思いを語り合った。

 森沢さんは「ふしぎな岬の物語」(原作名は「虹の岬の喫茶店」)など、これまでに書き上げた多くの作品が映像化されているヒットメーカー。「きらきら眼鏡」は同市出身、在住の森沢さんが、初めて地元を舞台に書き下ろした小説。

 大木さんが理事長を務めるNPO法人「船橋宿場町再生協議会」(FSK)が、船橋の魅力がたっぷりと詰まった同作を映画化したいと2年前に森沢さんに“直訴”したことから、映画づくりがスタート。

 監督の犬童さんは若手ながら、人間の心の機微を描くことに定評がある。前作「つむぐもの」に感銘を受けた森沢さんが、「きらきら眼鏡」映画化に際して監督を犬童さんに直接要請した。

 対談では、メインキャストが決まるまでの経緯、市民出演者オーディションや東葉高速鉄道・北習志野駅を使った深夜の撮影の模様など、それぞれの立場で映画製作に携わったこの2年間を振り返り、作品に込めた多くの市民の熱意を感じてほしいと話した。

 対談の詳細は9月6日付本紙の「きらきら眼鏡」特集面に掲載される。


  • LINEで送る