2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

写真に捕虜と日本人 習志野俘虜収容所 交流や生活知る資料 千葉県日独協会が購入

捕虜のドイツ将兵と複数の日本人が写る集合写真(千葉県日独協会提供)
捕虜のドイツ将兵と複数の日本人が写る集合写真(千葉県日独協会提供)
遠足で外出しくつろぐ捕虜(千葉県日独協会提供)
遠足で外出しくつろぐ捕虜(千葉県日独協会提供)

 第1次世界大戦(1914~18年)で、日本の捕虜となったドイツ将兵らを収容した「習志野俘虜(ふりょ)収容所」関連の写真100枚余を、千葉県日独協会(金谷誠一郎会長)が、ドイツ在住の捕虜のひ孫から購入した。同世界大戦終結から100年の節目の年に同協会が入手した写真には日本人の姿もあり、捕虜と住民との交流、また当時の庶民生活を知る上で貴重な資料となりそうだ。

 同収容所は、15年9月から20年1月まで現在の習志野市東習志野にあり、最大千人近くが収容されていた。その中に、ドイツ軍艦「イルティス号」の乗組員で、水兵のヴィルヘルム・ザッセ(1890~1957年)がいた。今年3月、ザッセの遺品の写真を所有している、ひ孫のエルマー・グローセ氏=ドイツ・ミュンヘン在住=から同協会が115枚を買い入れた。

 千葉大名誉教授で同協会名誉会長、宗宮好和氏(72)などによると、115枚のうち103枚が同収容所に関するものと見られる。103枚の多くは、これまで日本国内で知られていない可能性が高いという。

 捕虜の集合写真には複数の日本人男女の姿があり、また、ザッセと和服の女性が並んで撮影されたものもある。遠足の際、収容所の外でくつろぐ捕虜の1枚には「カブトビール」と書かれた札が下げられており、当時の庶民生活を知ることができる。カブトビールは1899~1943年、現愛知県半田市で製造されていた。また、ソーセージ職人で、その製造方法を日本人に教えたことで知られているカール・ヤーン関連も含まれている。当時のレシピを現代風にアレンジし、ご当地グルメの習志野ソーセージが生まれた。

 これら日独の交流を物語る貴重な一葉について宗宮氏は「一般の日本人が写っている写真はあまりなく、撮影場所や人物を調べたい」と話し情報を求めている。一方、別の捕虜の孫のイムケ・リューアさんからも20枚が協会に送られてきた。

 写真に関する情報は同協会事務局(第2ワールドナーシングホーム内)(電話)047(461)9111へ。


  • LINEで送る