9月18日に豪華客船見学会 木更津初入港で多彩イベント

  • LINEで送る

 木更津市は9月18日、クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」=写真=が木更津港に初入港するのを記念し、市内在住者を対象とした船内見学会を開催する。飲食ブースの出店など接岸する港で各種イベントも行い、国内で2番目の規模を誇る豪華客船の入港を盛り上げる。

 木更津港を生かした街の活性化を目指す同市は、外航クルーズ船の寄港を目指して誘致活動を展開しており、同船は、誘致実現に向けた実証運航「熱海花火クルーズ」のため入港する。

 船内見学会は、18日正午の出港に先立ち、同日午前9時から同9時半まで実施する。定員40人(応募多数の場合は抽選)。申し込みは、はがきに必要事項を記入の上、9月8日(必着)までに市街なか交流推進課に郵送で。

 この他のイベントは、飲食ブースの出店、船長服を貸し出した記念撮影などで、先着250人に記念ペナントをプレゼントする。午前9時から午後1時まで。

 入港場所は、木更津港公共ふ頭H岸壁で、イオンモール木更津に隣接する臨時駐車場から無料シャトルバスで入場できる。

 問い合わせは同課(電話)0438(23)8079。