銚電に新キャラ誕生 銚商高生プロフィル考案

 銚子電鉄(銚子市)は、千葉県立銚子商業高校(同)の生徒の協力を受け、公式キャラクター「犬吠ミサキ」「観音レナ」を制作した。若さと親しみやすさにあふれるイラストを車両に掲げるなどして地域活性化につなげる狙いだ。

 新キャラクターは昨年度、同校の課題研究「銚商夢市場プロジェクト」に参加した当時の生徒が発案。同電鉄側の依頼を受け、鉄道資材などを手掛けるサンショップ大阪(大阪市)の関係者がイラストに仕立てた。発案した当時の高校生の写真を参考にしており、いずれも同校の制服を着ている。

 企画した生徒が同校を卒業した後、本年度に同プロジェクトに取り組んだ飯嶋仁南さん(18)と椎名那和さん(18)=いずれも同校3年=がキャラクターのプロフィルを考案した。2人は昨年9月に銚子電鉄などが行ったコスプレイベントの発案者でもある。

 犬吠ミサキは短髪で、好物は同プロジェクトで開発されたキャベツメロンパン。観音レナは長髪で、好きな食べ物は観音駅で販売されている「たい焼き」という。いずれも18歳の高校3年生―といった設定。飯嶋さんは「漫画などさまざまな方法で活用してもらえれば」などと話した。

 サンショップ大阪が制作したサボ(行先標)にあしらわれ、3000形電車の車体に掲げられている。同電鉄は今後、グッズ展開などを検討するという。


  • LINEで送る