失われる景色を撮る 使命感抱き芝山に通う 郷土カメラマン・中島誠二さん(71) 【記録を残す 第3滑走路に変わる地区】(上)

C滑走路の拡張予定地となっている芝山町で撮影を続ける中島さん=8月31日、芝山町
C滑走路の拡張予定地となっている芝山町で撮影を続ける中島さん=8月31日、芝山町
成田空港拡張イメージ
成田空港拡張イメージ

 「日に日に変わりゆく町の景色を記録に残さないといけない」。成田空港の第3滑走路(C滑走路)が芝山町に新設されると知り、使命感が芽生えた。印西市の郷土芸能カメラマン、中島誠二さん(71)は約3年前から滑走路の新設予定地となった地区に毎週通う。人々が営む田園風景や伝統行事を撮影するためだ。

 カメラを回すのは空港が拡張される加茂、菱田東、中郷、中谷津の4地区。約130軒の家々が町内外に移転する。B滑走路のほぼ延長線上にあり、美しい田園風景の上空を航空機が飛ぶ光景はこの地域ならではだ。

◆日常を切り取る

 原点は約20年前にさかのぼる。県内で郷土芸能や民俗行事を専門に撮る個人会社を立ち上げ、少子高齢化のあおりで廃止される行事を何度か撮影した。「滑走路が新設される代わりに失われるものがある。さみしさを感じる芝 ・・・

【残り 1119文字】



  • LINEで送る