400人が職業体験 地域ぐるみ子ども育成 柏でピノキオプロジェクト

ピノキオプロジェクトで、英語カフェの店員として接客に挑戦する子ども=23日、柏市の柏の葉アーバンデザインセンター
ピノキオプロジェクトで、英語カフェの店員として接客に挑戦する子ども=23日、柏市の柏の葉アーバンデザインセンター

 地域ぐるみで子どもを育てる職業体験イベント「柏の葉キャンパスシティ・ピノキオプロジェクト」が23日、柏市のつくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅周辺で開かれた。商業施設「ららぽーと柏の葉」などから40店舗以上が参加。ピノキオの衣装に身を包んだ子どもらが「いらっしゃいませ」と元気に声を掛けながら、各店の仕事を体験した。

 2007年から同市柏の葉地域で開催されている教育プログラム。今年は小学生を中心に約400人が参加し、カフェや服飾、書店の店員などの仕事に挑戦。子どもには給料として仮想通貨「Pi」が支払われ、イベント参加店舗で使用できる仕組み。

 今年は「ピノキオ・オンステージ」と題し、子どもによるファッションショーを初開催。小さなモデルたちが季節の洋服を身にまとい、ららぽーと内に設けられたステージを堂々と歩いて、来店者に最新ファッションを紹介した。


  • LINEで送る