マツキヨがワクチン職場接種 「要請あれば松戸市民も」

イメージ
イメージ

 マツモトキヨシホールディングス(松戸市)は、新型コロナウイルスワクチンの職場接種を21日から実施すると発表した。社員や全国にある同社運営のドラッグストアで働く従業員ら約2万3千人が対象となる。本社内に会場を設け、千葉県内勤務の従業員から順次開始。家族への対象拡大も予定している。行政から要請を受けた場合は、本社がある松戸市民への接種も検討するという。

 大野中央病院(市川市)の医療従事者らが、接種を担う。同社担当者は「ドラッグストアは、社会インフラとして営業継続の使命があると考えている。従業員の安心・安全な職場環境整備とともに新型コロナの早期収束に貢献したい」と説明した。


  • LINEで送る