売れるパン屋のモデル 100年永続、100店舗目指す ピーターパン (船橋市) 【ちばの元気企業】

自慢の石窯の前で、人気商品のメロンパン、カレーパンを紹介する創業者の横手会長=船橋市海神のピーターパン石窯パン工房店
自慢の石窯の前で、人気商品のメロンパン、カレーパンを紹介する創業者の横手会長=船橋市海神のピーターパン石窯パン工房店
焼きたてパンは並べるそばから次々と客のトレーに
焼きたてパンは並べるそばから次々と客のトレーに

 「焼きたて・揚げたて・作りたて」にこだわり、客においしいパンを届けてきた「ピーターパン」。1978年に1店舗でスタートした街のパン屋は着実に成長し、千葉県北西部を中心に路面店6、駅店舗4の10店舗体制に。無料コーヒーにテラス席での提供という売れるパン屋のビジネスモデルを確立させた業界先駆者としても知られる。味は確かで看板商品「メロンパン」はギネス世界記録に認定され、もう一つの看板「カレーパン」は今月、ビッグタイトルを獲得。勢いは止まらず、今後は「100年永続、100店舗」を目指す。

 会社の原点は鎌ケ谷市馬込沢の小さなパン屋「ピーターパン第1号店」。創業者の横手和彦会長が飲食店経営から転身し、料理の腕を生かして自前の「カレー」「あんこ」「カスタードクリーム」を具材に使ったパンと食パンを作った。

 客と笑顔で会話し、焼きたてパンを食べてもらう。地道に10年ほど続けると、88年には宅配ピザ業をスタート。“第2の創業”として多角経営に乗り出した。

 さらに10年ほど経過した時、横手会長は自らの経営方針を見つめ直し「客と笑顔で会話してパンを提供したい」と原点回帰。チェーン店に育てた「宅配ピザ・ヨッカー」を分離させた。

 理想のベーカリー店作りに向け「ちょっとぜいたく、ちょっとおしゃれな食文化の提供」を実現するため市川市内にログハウス風の店舗をオープン。5~6台以上の広めの駐車場とテラス席、無料コーヒーを導入すると、顧客ニーズに合致。同モデルの店舗を次々と開き“第3の創業”でピーターパンは大きく飛躍した。

 外部からも評価され、2012年に「千葉県元気印大賞」を受賞。看板商品の評判も上がり、15年11月には「元気印のメロンパン」(税込み140円)を1日9749個販売しギネス世界記録に認定された。「コクうまカレーパン」(同172円)は今月、日本カレーパン協会主催「カレーパングランプリ2020」の東日本揚げカレーパン部門で最高金賞に輝いた。

 現在はJRと連携し、駅構内など小スペースでの店舗もオープン。新たな形態として、船橋、千葉、市川市の駅に4店舗を構える。

 関連会社の店舗も増え、今後の目標を計100店舗に設定。横手会長は「子どもたちに『テーマパークよりピーターパンに行きたい』と言われ楽しんでもらえる店にしたい。小さくても強く、100年続く会社を目指す」とさらなる飛躍を誓う。


  • LINEで送る